札幌アコースティックユニット・Sweet Brownie

  

手紙

作詞:Sakie 作曲:Sweet Brownie


雨降りの日には君を思い出す
濡れてないかな 傘はあるかな
僕は届けてあげられないけど

君と出かける日は いつも雨だった
君のせいかな 僕のせいかな
今ははっきりわかっているけど

透明なビニール傘越しの声
雨音に紛れてく
僕が聞き漏らした言葉
今 探しに行く

そよそよと風が過ぎる
ひとつ ふたつ 言の葉
あなたの心を吹き抜けてく
優しいうたになればいい

雨上がりの虹を見つけられない日は
僕が歌おう 七色の歌
君がどこかで笑えますように

透明な涙に似た一粒が
心まで濡らすなら
僕が心に種を撒くから
花を咲かそう

さらさらと続く雨も
光を待つ その手で
透明な傘を傾ければ
優しい雨音鳴らす

きらきらと光る雫
ひとつ ふたつ 雲の切れ間が
光を降らす

そよそよと風が揺れる
ひとつ ふたつ 咲かせてゆく
あなたの心に揺らぐことのない
優しい花になればいい

優しい君のままでいい